「しょぼい投資で生きていく」脱サラパパと申します。

・・・

最近話題のビジネス書を思い浮かべた方、ありがとうございます。




脱サラ生活で一番大切なこと

取り留めのない話をします。

私が投資を軸とした脱サラ生活をしたいと思った時、妻は全く反対しませんでした。

むしろ、

「それいいね、そうしたい」

と。

安定したサラリーマンとしてそれなりに暮らしている現状を放り出して、一年後にはどうなっているかも分からない生活に進むのを「いいね」と言ってくれるパートナーはなかなかいないんじゃないでしょうか?

みんな口には出さないけど大きなものを抱えながら暮らしているのは重々承知しています。

私もこの生活に至る根底をブログで詳細に書く気は今の所ありませんが、脱サラ生活を続けているのはそれなりに理由があるわけです。

で、こう言った世間一般から外れた仙人みたいな生活を続けるにあたって、一番大切なのは「家族の理解」だと改めて思います。

投資での儲けも損も気にしない妻

株式投資でそこそこ儲けた時も、2018年に損した時も、妻はいつもの調子です。

儲けて私の気が大きくなってた時、

「何か欲しいものないか?」

と聞いても、

「特にない。あっ、焼肉なら食べたい」

くらいです。

損した時に、

「投資を休んでデイトレードに切り替えてみるわ」

と話したら、

「おっ、私もパートに出ようか?」

みたいな調子。

具体的に我が家に幾らお金があるのかも聞いてきません。

この生活が継続出来ているのは間違いなく妻のおかげです。

山があろうと谷があろうと、ただただいつも通りにいてくれる。

ありがたいことです。

脱サラ生活?

今日は天気も良いのでこれから小さい娘を連れて散歩に行きます。

スマートフォンはバックの奥にしまって、近所の広い公園で景色を眺めながら妻と取り留めのない話をすると思います。

お昼はお気に入りのパン屋さんのランチセットをベンチで食べるでしょう。

娘の機嫌が悪くなり、泣き出すのでパンを口に押し込んであやします。

またトコトコ歩きます。

疲れたら帰ります。

夕方は録画しておいた「お母さんといっしょ」や「アンパンマン」を娘に見せながらゴロゴロします。

多分そんな1日です。

普通で最高な生活。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

良かったらポチッとお願い致します