デイトレーダーの皆様、本日もお疲れ様でした。

私は昨日書いたように、

デイトレード環境が整うまでの戦い方

2019年1月7日

チャートの情報からトレンドを捉えてシンプルなトレードをしようと、気持ちを切り替えてパソコンの前にスタンバイしました。

そして・・・




デイトレードが怖いでござる

ここからは今日のトヨタ自動車のチャートを見ながら、脱サラパパがどのような心境だったのか、お時間ある方はお付き合い下さいませ。

9:00 / 今日こそは落ち着いてトレードするぞ!20〜30分位チャートが形成されてからトレンドを探って見るか!!

9:30 / 上げトレンドに入ってきたけど、ボリンジャーバンドを抜けて上昇するのか?いや、跳ね返されるかもしれない。引き続き注視するぞ!

10:00 / さっき上げトレンドの時にインすれば良かったなあ。今度は逆リバウンドで下げ始めたけどトレンドサインが出るまで注視するぞ!

10:30〜前場終了 / 下げトレンドに乗れんかった・・・。ボラティリティが無くなってしまった。動き出すまで注視するか。

12:30 / 後場はまたチャートの流れが仕切り直しになるからよく注視してからインしないと。雰囲気がいきなり切り替わることも多いから気をつけないと・・・

13:00 / 上げトレンドが一段落してしまった・・・。ここから上なのか下なのか・・・、分からない、ナニモワカラナイ・・・

14:00 / アゲトレンドダッタミタイ。ナンダカトッテモネムイアル。。。

ーーーここで集中力が切れてコーヒーを淹れに行くーーー

14:30〜後場終了/ 下げトレンドが発生している!でももうすぐ取引時間が終わる!!注視しなければ!!!

-fin-

トレード出来ないデイトレーダー

根拠の無い自信って場合によっては必要なのかもしれませんね・・・

今度は慎重になりすぎてトレードにイン出来ませんでした。

先ほどのチャートを後から見直すと、4回はイン出来たように思えますが、場中は疑心暗鬼になり実際には15分足だけでなく5分足、1分足と切り替えてチャートを観察していたので大きなトレンドが見えなくなっていました。

デイトレードって怖いです。

スイングトレード・長期投資の場合は途中経過で思案したりもしますが、自分の判断が合っていたかどうかが決まるのは手仕舞いした時の一度だけです。

デイトレードは瞬間瞬間に判断を否定したり肯定したり。

挙げ句の果てには自分の立ち位置を見失ったりして本当に疲れます。

それに損失の大小に関わらず、マイナスが続いた時の焦り。

解決しなければならない事が山積みです・・・

転職した時のような新鮮さと、早く技術を身に付けなくてならない焦りを感じています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

良かったらポチッとお願い致します