投資環境が大きく変換点を迎えたと感じ、頭の中を整理するのにブログにつらつらと書いています。

前回のブログでは、塩漬け以外の株を全てキャッシュに変えて、投資ポジションを大きく取らないデイトレードに転向するか、と考え始めました。

そこで改めて「デイトレードって何?」と自分に問い掛けたいと思います。

クリスマス前の暴落相場。この先どうする?

2018年12月22日




投資手法は大きく分けて3種類ある

株式投資をやっていない方のイメージだと、専業投資家というと「デイトレード」をやっている人のことを指すのが多いのではないでしょうか?

株式投資にも色々な方法があって、やり方によっては全く違う競技となります。

時間軸によって大きく分けると、

・デイトレード(一日で決済、次の日に持ち越さない)

・スイングトレード(人によって捉え方が違いますが、数日から数ヶ月で決済)

・長期投資(年単位でのトレード)

の3種類のトレード方法になります。

詳しくはこちらの記事をご覧下さい。

陸上、バスケットボール、ロードバイクに例えて私なりの解釈を載せています。

株式投資の時間軸はとても大切

2018年8月20日

私もデイトレードはたまにやっていたのですが、基本的にはスイングトレード(私の場合は3〜6ヶ月)を中心とした投資法で、成長株に集中投資をして、ホームランを打ったら違う銘柄に再投資するという方法で資産運用していました。

2×2×2×2・・・と倍々ゲームで資産を増やすのを狙った投資方法です。

これは元手が少ないけど短期間で資産を大きく増やしたい人が取る手法ですが、私の場合はたまたまアベノミクスの恩恵を受けることが出来たのでそれなりに上手く行ってました。

ですが、それで資産を増やしたということは、同じ手法で投資をし続ければ市況が逆転し始めると同じような勢いで資産を減らす可能性があるということでもあります(センスのある人は別です。。。私はセンス無いなと打ちのめされております)

個人的には、今までのような上昇相場は一旦終わったと感じていますので、市況が回復するまではやり方を変えてデイトレードに転向しようという訳です。

先にも書きましたが、トレード方法を変えるということは今まで柔道やっていた人が水泳を始めたり、野球をやっていた人がバレーボールを始めるという位に、ルールも必要なスキルも全く変わる世界に飛び込むということです。

これをしっかり意識して、勉強・実践・結果の検証をしていかなければなりません。

デイトレードをやって行く上での脱サラパパ脳内会議

そもそもデイトレードって何なんでしょうね?

投資なんでしょうか?

スイングトレード、長期投資の場合は、

・その企業価値や市況を見極めるための分析力

・インとアウトのタイミング

・資金管理

などのスキルが必要かと思いますが、

デイトレードは、

・企業価値は関係なく、テクニカル分析を瞬時にして値幅を抜く

・売り視点、買い視点を瞬時に切り替えられる

・アルゴの癖や投資家心理を読む

あたりのスキルが必要になると思います。

とすると、今まで私が積み上げてきた投資経験や思考は逆に邪魔になってしまう恐れもあります・・・

自分でブログを纏めていて何だか不安になってきました。

何が一番不安かというと、デイトレードをする時に何を根拠に売買すれば良いか分からないということです。

ボリンジャーバンド?

ストキャスティクス?

一言で言えば、確率を根拠に売買するということなんでしょうか?

う〜む、難しい。。。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

良かったらポチッとお願い致します