脱サラパパでございます。

脱サラ生活といったら良いのか、セミリタイアと言ったら良いのか。

株式投資で得た資金を元手に、

「お金でお金を稼ぐ」

のを生業として暮らしています。

が、順風満帆だった株式投資に自信をなくし、デイトレーダーへ転向しても四苦八苦しており、

トレーダーとしてご飯が食べられるようになるか?

というのも現実問題として不安がありますが、それよりもちょっと心配していることがあります。




情熱をなくしたら人はどうなる?

それは、

投資・トレードに対する情熱をなくしてしまったらどうしよう

という不安です。

そんなのは大成した人が悩むべきものかも知れませんが、生活の全てを株式に関わることで支えている状態なので、それに対して情熱が無くなるのは、お金が無くなるより大変なことかも、と、ふと思いまして。

投資とはなんぞや、トレードとはなんぞや

トレードスキルには関係ない「生き方」のようなところを考えるのは、目先の失敗・成功を考える以上に大切だと思っているので、たまにこんなことをブログに書いたりしています。

話が脱線してますが、情熱を無くすとそれを取り戻したり、火を付け直そうとするには相当なエネルギーが必要です。

それには何かキッカケが必要だったり、どう頑張っても取り戻せなかったりもします。

子供の頃、思春期の頃、夢中になったことは山のようにありますが、それを今やってみても同じような熱を感じることが出来るかというと、難しいです。

触っても「懐かしい」という気持ちの方が強いかも知れませんね。

人が老いる瞬間

そうやって、いろいろな情熱の火が消えていって、新しい火を付けることが出来なくなっていく時に、

人は老いる

と思っているのですが、そうならないようにするにはどうすればいいのか。

世の中便利になりすぎていて、ネットで調べたら何となく分かったような気にもなるし、現地に行かなくても何となく体験したような気にもなるし。

自分で手間を掛けなくてもサービスを利用すれば大抵のことは解決できたり、それこそ家から出なくても生活できる世の中になってきました。

内の世界が広がって、外の世界へ出なくても結構楽しめたり。

でも、そうするとどんどん動くことが億劫になってきますね。

なるべく楽に、楽しさを得ようとすると老いが加速する気がします。

昔は一見無駄なことばかりしていたような気がしますが、それも新たなチャレンジをする火種になったりしていたのかも知れません。

トレードだけしていては成功出来ない

今はプライベートの時間以外はデイトレードに集中しています。

一通りの基本を学び、そのあとは自分にあった手法を確立しようと実践→復習→予習→実践を繰り返し、時間が幾らあってもたりません。

このブログも思考を整理したり矯正したりする大事なルーティーンです。

でも、ある程度スキルや経験を蓄積出来たら、トレード以外の時間を増やさなければ更なる成功は出来ないと考えています。(現在成功していないのは置いておいて・・・)

情熱の火を灯す火種をたくさん作っておくことで、トレードの火も刺激されて大きくなりますし、消えてしまった時に人生の方向を照らす新たな道しるべになるのではないか?

なんてことを思いながら、現実逃避をしている今日この頃です。

【応援頂けると励みになります】

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ