脱サラパパでございます。

デイトレーダーとしては株式市場も休場となってしまう為、

「ゴールデンウィークの10連休をどう過ごすか?」

と考えたりもしましたが、

セミリタイアした人の長期休暇の過ごし方【GW】

2019年4月21日

連日のように友人と飲んだりしていたら思った以上にあっという間に過ぎており、逆にもうちょっと相場が閉まっていてもいいのになとも思ったりしています。




セミリタイアして初めて牧歌的に生きてみた

株式投資で脱サラしても、何だかんだそれなりに規則正しい生活を続けてきましたが、このGWにセミリタイア生活で初めてと言っても良いほど、

牧歌的

に過ごしている気がします。

昼からお酒を飲んだり、子供と一緒に公園で遊んだり昼寝をしたり、庭の草むしりをして疲れたらお風呂に入って寝る。

友人と会えばまた飲んで、昔を懐かしんだり刺激をもらったり。

そして、ほろ酔い気分で帰る家と待ってる家族がある。

こんな生活が毎日続けばいいなとも思います。

とは言っても、友人と会えるのも10連休というこの長期休暇だからこそであり、これが終わったらまたそれぞれの戦場でそれぞれの戦いが待っています。

牧歌的に生きるには、

一人では寂しすぎるし、

家族だけでも静かだし、

友人と過ごすには時間が短過ぎます。

いつでも会えるようで会えなくなった人達と、また一緒にお酒を飲める時まで、お互い何事もなく元気に再会できるのを願いながら私もまた頑張るしかありません。

脱サラした当時を思い出す

サラリーマンであれば会社や上司、同僚から評価されたりして自分の成長を感じる機会はそれなりにあると思いますが、自己完結型の投資やデイトレードは数字でしか結果が出ません。

前に進んでいるのかそれとも留まっているのか。

脱サラした初めの頃はプレッシャーもあって、とにかく手を動かしていないと不安でした。

不安で投資も色々手を広げてみたり、情報に明るい方に会いに行ったり。

あれこれやって来ましたが、

自分のスタイルを確立するくらいまで、一点集中で練り上げたことしか身にならない

と今では思います。

友人たちの近況を聞きながら、

「自分は今どこにいるのか」

と少し考えてしまいました。

老後を先に生きている

今取り組んでいるデイトレードが上手くいっているわけでも無いし、完全なリタイア生活でも無いのでこういう言い方はちょっと気が早いですが、

老後を先に生きている

というのがイメージとしてはしっくり来るかもしれません。

老後の世界に私たち家族はいて、休日だけ外の世界と交信できる。

・・・

自分でも変なこと言っているなと思いますが、自己完結型の仕事をして、人が少ない平日の時間帯を選んで外出するような暮らしている人はそういう気持ちになったこともあるんじゃ無いでしょうか?

あれこれ手を出せる状態ではありませんが、やはり外の世界にも興味を持ち続けることは大切だなと思います。

今の居場所から動く時がいつ来ても良いように、アンテナだけは高く掲げておきたいものです、

【応援頂けると励みになります】

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ