今日からデイトレード用の機材が続々届き始まるので、デイトレルームとなる部屋の整理をしていました。

昔から整理整頓が出来ないだらしない性格なので、溜めないように基本的に必要ないモノはどんどん捨てるようにしているのですが、このところテクニカルやチャートの読み方などに時間を費やしていて部屋が書類で荒れ放題となっております。




圧倒的物量!組み立て出来るだろうか・・・

今日届いたのはモニターや配線部材など。

届いてからちょっと後悔したのは自分で全て組み立て出来るかな?と言う不安が・・・

物量に圧倒されます。

パソコン本体は先々のことを考えると、FXや先物もデイトレードの対象になるかも知れませんので一応ハイスペックな内容で依頼しています。

MT4やインジケーターをたくさん並べても多分軽く処理してくれるでしょう。

一番悩んだのはモニター数ですね。

モニターを4・6・8枚と対応できるパソコンから選ぶことが出来ますが、悩みに悩んで6枚対応パソコンにしました。

でもって、モニターは最初に4枚。

慣れたら6枚に増やそうと考えています。

なんで8枚対応のパソコンにしなかったのですかって?

モニターを23インチにしたからです。

しかもこのモニターはピボット機能(画面回転)がついてるので縦置きにすることが出来ます!

専用スタンドが付いているのでモニターアームなど購入する必要無し!!

(モニターアームって結構するので金銭的にもお得です)

一般的にデイトレードのモニターは21.5インチを横置きで使う方が多いようですが、それよりも一回り大きいサイズとなります。

今まで13インチのMacBookAirの使ってきた私にとっては相当な情報量を写せるので、8枚もいらないかなと思って。

並べてみるとその差は歴然です。

・・・

デカすぎない?

もちろんサイズ規格を見て、座った時にどう感じるかダンボールでモニターサンプル作ったりして確認したのですけど、実物見るとね。

印象が全く違います。

ちなみに、

13インチ
横:28.6センチ  縦:17.9センチ  面積:511.9㎠

23インチ

横:50.9センチ  縦:28.6センチ  面積:1,455.7㎠

なので、面積としてはMacBookAirの約3倍!

13インチ換算で4枚×3=約12枚分もの情報量を写すことが出来るので、もしかしたらこれだけでも足りてしまうかもしれません。

足りなければモニターをあと2枚足せますので、多分大丈夫でしょう。

むしろ使いこなせるのか不安であります・・・

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

良かったらポチッとお願い致します